shop page >> stone 1853





「インカローズ カボション 」
産地:北海道 古平郡 稲倉石鉱山

\49.700

カラット:45.12cts
サイズ:約縦2.7cm×横2cm×厚0.6cm

商品番号:C-1853

写真を拡大 >>

北海道古平町の稲倉石鉱山で産出したインカローズ
(鉱物名ロードクロサイト)の原石からEarth-Love Worksの塩原
さんがカボションに手磨きしたものです。

稲倉石鉱山は明治時代より金,銀,銅などの採掘を主として、
同時にインカローズも産出していたそうです。
美しいインカローズを産出する鉱山として世界的にも知られていますが、
1980年代に鉱山は閉山。
稲倉石鉱山のインカローズの流通は年々減ってきています。

有名なペルー産のインカローズの情熱的な赤と違って、
“朱色”という日本的な呼び方がぴったりな優しく美しい色合い。
閉山から30年ほど経った今では希少な上質インカローズです。

インカローズはとても柔らかい石の為、
ポリッシュは手磨き以外は「Stabilize(ステビライズ加工)」されているものが
多いですがもちろん「Stabilize(ステビライズ加工)」
はされてないので、自然の色合いを保った磨きで、
柔らかで優しい輝きを放ちます。
その色合いにはホントうっとりするほどです。

この柔らかな朱の光はハートを優しく包み、傷ついたハートを癒す
と共に前進することの大切さを感じさせてくれるようなイメージです。

「POLISHED WITH LOVE BY EARTH-LOVE WORKS」
(アース・ラブワークスにより、愛と共に磨かれた)と記載されたシールが
貼られた箱に入れてお届けします。

※下記画像でも確認できますように大き目のクラック(天然ヒビ)が入っています。
  インカローズは柔らかく、クラックが入りやすい石のため
  このようなクラックは珍しくありません(特に手磨きの場合)
  石の強度や特性にはなんら影響はありませんが、
  見た目を気にする方は  予めご了承ください。

※「Stabilize(ステビライズ加工)」についてはBlogに記載しました。
※光の加減、モニター環境で若干実物と色が違って見える場合があります。


                                   
   
角度を変えて
写真を拡大 >>
裏側
写真を拡大 >>
厚み
写真を拡大 >>
光を変えて
写真を拡大 >>
光を変えてA
写真を拡大 >>
   
裏側
写真を拡大 >>
手と大きさの比較
写真を拡大 >>
専用箱と共に
写真を拡大 >>
プライバシーポリシーお問合せ

「石とともに住まう」ネイチャーワークス